初めてのお客様へ

加工・色校正・Office変換

営業日のご案内

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

営業・受付・発送日について

営業日 上記のカレンダーで黒字の部分。
受付日 午前10時までの入稿に対して適応されます
発送日 受付日よりお客様指定の発送納期条件を加算した日になります。休日は含まれません。ご了承ください。

松浦印刷について

各種リンク

SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。

ナウプリでは印刷物のデータ内容がアダルト関連や公序良俗・法律に反するものと判断したものは、作業中でもお断りさせていただきます。ご了承ください。

加工について

■ 折り加工について

当社の折り加工は、チラシ・フライヤー・折りパンフレット・2つ折り名刺・ショップカード印刷等にてご利用いただけます。


※対応している用紙の斤量は135kgまでとなっております。
※サイズ・用紙の斤量によりご注文いただけない場合があります。
※折り加工をご希望の場合は折りトンボにて折り位置をご指示ください。
※納期は1営業日加算になります。


2つ折り 3つ折りC 3つ折りZ
2つ折り センターで折るシンプルな2つ折り加工です。 3つ折り 3面ある1面を内側に折り、反対側の1面をかぶせるように折る方法です。内側に折り込む面は、他の面より1.5mm短く作成して下さい。 3つ折りz 3面のうち両端の2面を外側に折る方法です。多彩な用途に向き、一般に広く用いられています。
W折り 巻き4つ折り 巻々4つ折り
W折り アルファベットのWの文字の用に折る方法です。素早く展開して情報を見やすくする折り方です。 巻き4つ折り 2つ折を二回折る事により全部で8面の違った枠を持たせる事が可能な折り方です。 巻々4つ折り 3つ折の内側にさらに巻き込み面がある折り方です。大きいサイズの紙などもコンパクトにまとまります。
クロス8頁折り 外5つ折り DM折り
クロス8頁折り 2つ折を違う方向に2回折る折り方です。8面それぞれ違う使い方も可能です。 外5つ折り W折の外側にもう1面付く折り方です。さらにコンパクトにまとめる事が可能です。 DM折り ダイレクトメール等に使われる折り方です。たくさんの情報をコンパクトにまとめる事ができます。
2つ折クロスZ折り MAP折り 観音折り
2つ折りクロスZ折り 蛇腹に開き、さらにもう一度、展開する折り方です。内側を1枚ものにする等、使い方次第でアイデアが広がります。 MAP折り 名前のとおり地図等によく使われる折り方です。 観音折り 仏壇のように開く観音折りは見せ方によっては8ページのカタログ・パンフレットのような仕上がりにすることも可能です。
外6つ折り
外6つ折り 蛇腹のように5回折る折り方です。細長くなるため携帯性に優れています。

■ 無線綴じについて

無線綴じは接着剤で背を固める並製本の一つです。帳合いした本文の背中に溝を入れ、背中一面に糊を塗布、その上から表紙を包みます。塗布された糊が背中一面と溝の中に浸透しますので強力な接着力となります。

ページを開いた時、綴じの関係で完全にフラットに開くことはできませんので、ノドの部分(見開きの中央部)のデザインには注意が必要です。
中綴じよりもページ数の多いものに適しています。

無線綴じ工程

●背幅について

背幅は,背幅計算プログラムに必要な情報を入力すると計算しますので、その寸法で制作してください。表紙のつつみはわずかにズレが生じます、背の部分が表紙と別の色になると見苦しくなる可能性があります。


無線綴じ工程
背幅算出プログラム
表紙用紙:
本文用紙:
本文ページ数:
見返し用紙:
 mm
※上記計算方法で出せる背幅は、あくまで参考値となります。実際は絵柄などによるインク量などで、多少厚みが変わる場合もございます。
 

●追い込みについて

のどの部分は、表紙に接するページは4ミリ程度、本文2ページ目以降は3ミリ程度の文字は隠れる可能性がありますので、空きを確保してください。
また、本文のページ周辺(天地、小口)の余白は10ミリ以上とってください。
見開きの左右のページに渡って写真や地図などの絵柄が入る場合は、中央にズレが生じます。左右に分割された絵柄をノドで2ミリ程度重複させると多少は解消されます。

無線綴じ工程

 

●断ち切りのデザインがある場合

製本の時多少のずれが生じますので、小口や天地から見た時多少のズレが生じます。

無線綴じ工程
 

■ 中綴じについて

中綴じは、二つ折りした表紙と本文を丁合し、背を針金で綴じて仕上げるものです。
ページはフラットに開きますが、背と中心のページに針金が見えます。
ページの少ない会社案内、商品案内などに適しています。

無線綴じ工程
 

●小口断

ページ数が多くなったり、本文の紙が厚くなると外側のページから中心のページに向かって徐々にページの幅が狭くなります。特に小口方向のデザインには注意してください。小口側に平行なラインやぎりぎりまで文字が入るようなデザインは避けた方が無難です。

無線綴じ工程
 

■ 筋入れについて

筋入れとは折り目(スジ)を入れるオプションです。パンフレットやメニューなどの印刷物には、ほとんどこの技術が施されています。 ショップカード等の作成の際にご利用ください。

※一度に3本まで同一料金で加工可能です。
※2点間の最小間隔幅は50mmです。
※タテもしくはヨコの同一方向にしか入れられません。
(クロス不可)
※紙の辺に対して折り目を斜めに入れる事はできません。
※2本以上入れる場合、山折と谷折りが混合する折り方はできません。
(例)■可能:谷・谷・谷 ■不可:谷・山・谷
※納期は1営業日加算になります。

■ ミシン入れについて

印刷物に手で切り離せるようなミシン目状の切り込みを入れるオプションです。
チケット等の作成の際にご利用ください。

※一度に9本まで加工可能です。
※2点間の最小間隔幅は25mmです。
※タテもしくはヨコの同一方向にしか入れられません。
(クロス不可)
※紙面の両端までミシン目が入ります(途中までは不可)
※紙の辺に対してミシン目を斜めに入れる事はできません。
※ミシン目加工の位置は入稿データの仕上がりサイズの外に十字トンボでご指定ください。
※納期は1営業日加算になります。

■ 穴あけについて

カードやパンフレットなどにパンチ穴をあける加工です。使用後ファイルする必要があるとき使用されます。


※パンチ個数:1穴から4穴まで(4穴以上の場合は自動見積できません)
※パンチとパンチの間隔:最小6mm
※用紙の端からパンチのできる長さ:最長190mm
※パンチの直径:3mm・4mm・5mm・6mm・7mm・8mmの中から、注文フォームにてご指定してください。
※中綴じ冊子の場合は5mmのみとなり、他は選択できません。
※パンチの位置は、データに○を入れておいてください。(冊子の場合は表1のみに入れてください)
※納期は1営業日加算になります。(中綴じ製本で2穴の場合は加算されません)

■ No入れについて

チケットなどに使用します。


※ナンバー入れが可能な用紙:サイズ/A4以下の広さ  厚み/70kg以上の用紙
※ナンバー入れ個数:1箇所から4箇所まで
※ナンバーの桁数:任意です。
※ナンバーのフォント及びフォントサイズは選べません。
※刷り込みの指示:作成されたデータの中に「00000」と入れておいてください。
※ナンバー刷り込みは1.2.3.4.5.6.7・・・・・のように連番となります。
※始まりの番号は任意です。注文フォームに1からであれば「1から」と備考欄にご記入ください。
※納期は2営業日加算になります。

このページのトップに戻る