初めてのお客様へ

加工・色校正・Office変換

営業日のご案内

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

営業・受付・発送日について

営業日 上記のカレンダーで黒字の部分。
受付日 午前10時までの入稿に対して適応されます
発送日 受付日よりお客様指定の発送納期条件を加算した日になります。休日は含まれません。ご了承ください。

松浦印刷について

各種リンク

SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?

このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)しています。

ナウプリでは印刷物のデータ内容がアダルト関連や公序良俗・法律に反するものと判断したものは、作業中でもお断りさせていただきます。ご了承ください。

Officeについて

Office系アプリケーションは、インキを使用した印刷向けに作成されたものではないため変換処理が必要となります。

Officeについてのご注意点

Office系アプリケーションは、インキを使用した印刷向けに作成されたものではないため変換処理が必要となります。専用変換処理システムを用いて
印刷可能なデータに変換・出力いたします。

※変換処理により文字の欠損や画像の抜けが生じる場合がございますので、予めご了承ください。 対応するアプリケーションは下記となります。

メーカー アプリケーション バージョン
マイクロソフト オフィス エクセル ワード パワーポイント

※Windows版/日本語版のみ対応です。
※変換処理のみのサービスは現在行っておりません。
※当社にない書体(フォント)を使用されている場合はフォントを変更させていただき代替フォントでの対応となりますのでご了承ください。
※任意のフォントへの置き換えは別途料金が発生いたします。
※ご注文時にご利用OS、制作アプリケーション、バージョンをご指定ください。
※即日納期と無線綴じ冊子につきましてはOffice変換サービスを行っておりません。

出力見本を準備する

Officeデータをご入稿される際は、必ず、プリントアウトした出力見本を当社まで宅急便にてお送りください。
ご入稿いただいたデータを確実にチェックするために必要になります。ご協力、よろしくお願い申し上げます。

【ご送付先】

松浦印刷株式会社 データ入稿窓口
〒849-1312
佐賀県鹿島市大字納富分2907-1
●お問い合わせ先
TEL:0954-63-9052

注文から受付日確定までの流れ

ご注文

Officeデータでご入稿される場合、ご注文の際に制作アプリケーション選択項目でWord、Excel、PowerPointのいずれかをご指定ください。


データ入稿

データをご入稿いただいてから、24時間以内にデータ変換・確認のためのPDFデータの送信をいたします。
ファイル破損などの理由から再入稿が必要な場合がございます。
その場合、入稿する時間帯によってPDFデータ送信が翌日となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。


データ変換処理・データチェック

変換処理後、文字・画像などの抜けがないか、事前に送っていただいた出力見本と比較して確認します。 その後、確認用PDFデータをお客様へ送信いたします。
※他の印刷物と同様、デザインの調整は対象外となります。


ご確認

お送りした確認用PDFデータをご確認いただき、問題の有無に限らず、必ず結果をメール・お電話・お問い合せフォーム等でお知らせください。

※ご確認をいただきませんと印刷工程に入ることができず、納期の計算が始まりませんのでご注意ください。

※お客様のご都合による再入稿の場合、再度Officeデータの変換処理・確認用PDFデータ送信が必要ですので、別途変換料金をいただきます。


受付日確定

確認用PDFデータに対してご承認をいただきましたら、データチェック完了となり、その日がデータの受付日確定となります。
受付日確定から納期計算を開始いたします。詳しくはOffice納期についてをご覧ください。

このページのトップに戻る


Officeの納期について

Office変換は、ご入稿後にデータ変換・データチェックの処理を完了させるために、最低でも1日は必要となりますので、その点をご理解いただいたうえでご入稿ください。受付締切当日にOfficeデータをご入稿いただいたとしましても、データ変換・データチェックの処理過程があるため、すぐに受付日を確定することはできません。お急ぎの場合はお早めにご入稿をお願いいたします。

納期の起算につきまして、データチェック完了時点より納期の起算を開始いたします。

※即日納期と無線綴じ冊子につきましてはOffice変換サービスを行っておりません。


例1

2営業日以内の発送

オフィスの流れ

※加工オプションをご利用される場合は、上記発送日+各オプションの必要日数となります。

例2

2営業日以内の発送(当社休業日に発送が当たる場合)

オフィスの流れ

※加工オプションをご利用される場合は、上記発送日+各オプションの必要日数となります。

このページのトップに戻る


Officeの料金について

変換料金 基本料金(1ファイル)500円 + 片面(1ページ) 500円


ナウプリではOfficeの変換料金は基本料金1ファイルにつき500円+片面(1ページ)につき500円となっております。そのためOffice変換をご利用の際は通常の印刷料金に前述の変換料金が加算されます。
なお、お客様のご都合により再入稿される場合は、別途料金が発生いたします。再変換処理料金として片面(1ページ)につき500円お支払いただきます。
またデータ変換後、ご注文をキャンセルなさる場合も、Office変換料金が別途発生いたしますので、ご注意ください。

※変換による文字の欠損・画像の抜け以外の内容修正に関しましては有料となります。

塗り足しとボックスの必要性

塗り足しボックスの必要性

オフセット印刷では印刷した後に仕上がりサイズを断裁します。そのため、レイアウトデータに塗り足しが必要となります。断裁時に1mm以内のズレが生じ、その結果印刷されていない紙の白の部分が端に残ってしまう場合があるからです。もともと端まで写真や色などがないレイアウトならば塗り足しは不要です。 Officeの場合、用紙サイズ設定=プリントアウト時の用紙サイズとなります。そのため、実際に印刷で使う塗り足し込みのデータを作成することができません。さらに、プリンタドライバによっては余白をゼロにできない場合などがあり、実際のプリントアウト可能範囲を厳密に設定できない可能性があります。 そのため、周りに3mmずつ大きくしたサイズ、つまり、仕上がりサイズのボックス2つを最初に作り整列で上下左右とも中央揃えにする必要があります。(オートシェイプの四角形)このとき仕上がりA4サイズを作成する場合は用紙サイズをB4やそれよりも大きなサイズを設定してください。 この2つのボックスはグループ化して塗りを透明にして一番背面に配置します。Wordの場合、オブジェクトの書式設定のレイアウトを『前面』にすることを推奨します。そうすることで、オートシェイプとテキストボックスだけで印刷用のデータの作成が可能となります。


このページのトップに戻る


図の挿入とオートシェイプ機能について

Wordの場合、図柄・写真を挿入する場合、オートシェイプの色の塗りつぶしで写真をお貼りになられる利用者様がいらっしゃいますが、そこで画像を貼り付けることはおやめください。その理由は、貼り付けられた画像が大変粗くなってしますためです。
図柄・写真を挿入される場合、挿入メニューのサブメニュー図のファイルから選択し挿入作業を行ってください。

オートシェイプの書式設定 塗りつぶし効果
この機能の使用を控えてください。 この機能の使用を控えてください。

Officeソフトに貼り込んだ画像は通常72dpiで表現されています。印刷物は350dpi程度必要となりますので、解像度が不足している場合、印刷物の画像は荒く仕上がってしまいます。印刷物に充分な用途を得るためには、貼り込んだ後、20%程度縮小することを推奨いたします。

このページのトップに戻る


オートシェイプの透過性での不具合

オートシェイプの書式設定にて、オブジェクトの色の透過性を変更してしまいますと左図のような不具合が発生します。なるべく透過性の処理を避けたデザインを行ってください。

データ変換後 オートシェイプの書式設定・透過性
データ変換後 この機能の使用を控えてください。

このページのトップに戻る


Word、Excelの表を活用する際の影処理での不具合

Excel上で影の設定を行った場合、変換した際に下図のような不具合が発生してしまうため、影の設定は使用しないようにお願いします。

データ変換後 影処理
データ変換後 この機能の使用を控えてください。

影の設定を行うと上図のような不具合が起こります。Excel上で影の設定で「影なし」を選択することを推奨します。

影処理をしたExcelファイルを印刷用に変換すると、上図のような不具合が生じます。影処理のご使用は避けて作業を行っていただけますようお願いいたします。

このページのトップに戻る


体裁崩れの例

●透明効果が無効になります。アプリケーション固有の機能に依存する効果が失われることもあります。

下図は透明効果が無効になってしまった例です。

データ変換前 データ変換後
透明効果の無効・データ変換前 透明効果の無効・データ変換後

●意図しない改行が発生する可能性がございます。

下記図は、文章に意図していない改行が発生してしまった例です。

データ変換前 データ変換後
意図しない改行・データ変換前 意図しない改行・データ変換後

●フォントが置き換わってしまう可能性があります。

下記図は、フォントの置き換わりが発生してしまった例です。下図のように印象が全く異なってしまいます。

データ変換前 データ変換後
フォントの置き変わり・データ変換前 フォントの置き変わり・データ変換後

その他、以下のような変換誤差が生じます。

●色が変化します。

●原寸サイズで変換できません(縮小されます) 。

※変換による文字の欠損・画像の抜け以外の内容の修正につきましては有料となります。

※データ変換後、ご注文をキャンセルなさる場合は、Office変換料金が発生いたします。ご了承ください。

※お客様のご都合により再入稿される場合は、再変換処理料金として片面(1ページ)につき500円いただきます。

このページのトップに戻る