アプリケーション別注意事項

IllustratorAdobe Illustrator

こちらでは、Adobe Illustrator を使ったデータ作成時における注意点をまとめております。

バージョンの確認

現在ご使用されているバージョンの保存形式で保存して下さい。
低いバージョンで保存されますと出力に時間がかかったり、不具合が発生する場合があります。
また、必ず各バージョンの最新版(アップデート)をご使用下さい。

フォントについて(アウトライン作成)

フォント(書体)は必ず全てアウトライン化して下さい。
アウトライン化することにより、書体のない環境でも形を崩さず印刷することができます。

アウトラインの作成手順

全てのレイヤーのロックを解除します。
全てのオブジェクトのロックを解除します。
(メニューの「オブジェクト」より「すべてをロック解除」を選択。グレーで選択できない時はロックされているオブジェクトはありません。)
テキストを選択し、メニューの「書式」から「アウトラインの作成」を選択し、アウトライン化します。

アウトライン作成

<注意>
一度アウトラインを作成をすると文字の編集ができなくなります。アウトライン作成後のデータは別名で保存するか、ファイルのバックアップをとってからアウトライン作成してください。

アウトラインのチェックの仕方

メニューの「文字」または「書式」から「フォント検索・置換」を選択します。
「使用中のフォント」に何も表示されていない事をご確認ください。

アウトラインのチェック

「フォント検索・置換」の「使用中のフォント」が消えないときは下記の方法をお試しください。
孤立点、余分なポイントの検索
メニューの「選択」の「オブジェクト」より「孤立点」を選択。
選択された部分が消しても問題がないか確認し、問題が無い場合は削除します。

特色(スポットカラー)について

印刷で使用するインキには「プロセスカラー」といわれる、CMYK4 色を掛けあわせて使用するプロセスインキと、特定の色に調合されたカラーインキ「特色」があります。

プロセスインキのみを使用する「プロセス印刷」では、特色(スポットカラー)は使用しないでください。使用されている場合は、ご入稿前にカラータイプを「プロセスカラー」に変更してください。

スポットカラー

「カラータイプ」を「特色」から「プロセスカラー」に変更します。

スポットカラー設定

弊社ではプロセスカラー(CMYK)印刷となっております為、データ上に特色指定されたオブジェクトは弊社にて任意にCMYK変換させて頂きます。
また、CMYK変換はアプリケーションやRIPの設定に依存しますので、変換結果が常に同じとは限りません(再版時同じ色再現ができないことを意味しています)。あらかじめご了承ください。

トリムマーク(トンボ)の作成方法

トンボ(トリムマーク)とは印刷時の断裁位置やCMYKの各インクの刷り位置をあわせるために必要な目印のことを言います。Illustrator形式で入稿する際には必要です。
「内側の線」は断裁位置を、「外側の線」は塗り足しの位置を表し、その間隔は一般的に3mmとなっています。

長方形ツールを選択後、編集エリアをクリックするとサイズ入力ダイアログが現れるので仕上がりサイズを入力します。

トリムマーク設定

「オブジェクト → トリムマークを作成」でトンボを作成

トリムマーク設定
トリムマーク

塗り足しについて

印刷物の端部分に写真等のオブジェクトがかかっているデザインの場合、断裁機の僅かな位置ズレにより白地が見えてしまう場合があります。それを防ぐために仕上がりサイズよりもに外側に3mm、わざとはみ出すようにデータを配置します。
これを塗り足しと言い、このように『塗り足し』を付けることで、白地が見えずに綺麗に断裁することができます。

■ NG例

塗り足しが無かったり、文字が仕上がりサイズからはみ出ていたり、ぎりぎりにあると美しく仕上げることができません。

塗り足しNG例
■ OK例
塗り足しOK例

配置画像について

画像を配置する際に「リンク」と「埋め込み」の2通りがあります。 それぞれ特徴がありますのでお好みの方をお使いください。

画像を「リンク」で配置する場合

リンクで配置するとIllustratorのデータの中に画像データが含まれないためデータ容量を抑えることができます。またデータの保存や送信の時間の短縮をすることができます。
データを入稿する際には配置した画像が全て必要になります。配置画像が色々なフォルダにある場合、送信用のデータを収集する際に気を付けないと画像が不足し不備になる可能性があります。

画像を「埋め込み」で配置する場合

画像がIllustratorのデータの中に含まれるため配置画像が足りず不備になる事はありませんが、画像を含んだ分データが大きくなり、データの保存や送信の時間がかかる可能性があります。

画像を「埋め込み」で配置

配置画像のカラーモードは CMYK、グレースケール、モノクロ2 階調を推奨しています。
配置画像の保存形式はPSD 形式を推奨しています。
配置画像の解像度は モノクロ2 階調は1200dpi 以上、グレースケールは300dpi 以上、CMYK は350dpi 以上を推奨しています。(配置した後で拡大すると解像度が低くなるので注意が必要)

  • 配置している画像にドロップシャドウや透明機能を使用している場合は、印刷時に不具合が発生するため「リンク」ではなく、「埋め込み」で配置します。
  • Ai 形式のデータやPDF をIllustrator に配置しないようにしてください。
    Illustrator のデータを配置したいときはEPS 形式にして配置してください。
    線の太さが正しく印刷できない不具合や、出力時エラーになる場合があります。
  • 配置画像は、イラストレータデータを同じ階層(フォルダ)に入れて作業することをおすすめしています。

カラーモードについて

カラーモードの設定がCMYK になっているか確認してください。
新たにデータを作成される時に、まずカラーモードをCMYK モードに設定していただくことをお勧めします。
作成途中でもファイルメニューの『書類のカラーモード』から変更が可能ですが、RGBからCMYKに変更された場合、印刷時にくすんだ色に仕上がりますのでご注意ください。

カラーモード設定

オーバープリントについて

オーバープリントは、オーバープリントを指定したオブジェクトのカラーと、その下にあるオブジェクトのカラーを重ねて印刷する機能です。
設定した結果が実際に印刷して見ないと分からないため予期せぬ仕上がりになる可能性があります。
弊社ではオーバープリントを使用しないことを推奨しております。色の重なりを再現する場合は「透明」機能の使用をおすすめしております。

オーバープリント設定

線幅の指定とヘアラインについて

罫線は必ず線幅を指定してご使用ください。ヘアライン(塗だけの設定の線)の罫線は画面で見るとある程度の線として確認できますが、印刷ではかすれたり、印刷されない場合がありますのでご注意ください。

線幅の指定とヘアライン設定
  • ヘアラインは画面にも表示される上、家庭用のプリンターでもプリントされてしまうため入稿する際は十分注意して確認をお願いします。